今へ続く街道を歩くと

気楽に歩きながら街道の雰囲気を楽しんでいます

鎌倉街道上道(1)鎌倉から湘南深沢 その2

2022年12月29日 源氏山 鎌倉七口の一つである仮粧坂を上り切ると源氏山公園に出ます。左手の広場に立つ源頼朝像にまずはご挨拶です。この像は源頼朝が鎌倉入りして800年を記念して昭和55年(1980年)に建てられたものです。 この辺りを源氏山と呼んでいます…

鎌倉街道上道(1)鎌倉から湘南深沢 その1

2022年12月29日 鶴岡八幡宮 今年の大河ドラマ、「鎌倉殿の13人」のブームに乗って(乗せられて)、うちの奥さんと「いざ鎌倉」へやってきました。まずはドラマの復習をしつつ、永福寺跡まで行ってみたいと思います。そのついでというわけではありませんが、…

東海道(10)東田子の浦~吉原宿~蒲原宿~新蒲原 その5

2022年12月25日 中之郷 富士川第一小学校の前を道なりに左にカーブして、その先で中之郷地区に入ってから歩くことおよそ20分、道は二又に分かれるので、左の道を下り、新幹線のガードの下をくぐります。分岐には左「蒲原」、右「行き止まり」と表示されてい…

東海道(10)東田子の浦~吉原宿~蒲原宿~新蒲原 その4

2022年12月25日 松岡 県道396号を進みます。県道の先には富士川橋が見えてきますが、橋方面の車が渋滞しています。 車がだらだら走っていて、なかなか、写真が取れませんでしたが、反対側の道の脇には明治天皇御小休所址碑が立っています。

東海道(10)東田子の浦~吉原宿~蒲原宿~新蒲原 その3

2022年12月25日 吉原宿西木戸跡 志軒橋の手前で、約1.3km続いた吉原宿も終わりになります。西木戸跡の標柱が立っています。吉原宿はいくつかの街道の起点となり、また、水運の拠点でもあったため、物資が集まる要所でした。

東海道(10)東田子の浦~吉原宿~蒲原宿~新蒲原 その2

2022年12月25日 依田橋 東海道本線の踏切を越え、街道は初期の吉原宿(元吉原)から北西に進路変えます。沼川を越えた先には旧街道の名残でしょうか、立派な黒松の木が1本立っています。松の木脇には東海道の道路標識も立っています。

東海道(10)東田子の浦~吉原宿~蒲原宿~新蒲原 その1

2022年12月25日 柏原 8:40頃、東田子の浦駅に着きました。天気快晴です。昨日今日とクリスマス寒波に見舞われ、強風を心配していましたが、全く穏やかな朝です。しかし、かなり寒く、日陰には霜が降りています。歩くには丁度良い気温なのですが、後に暖かく…

東海道(9)三島~三島宿~沼津宿~原宿~東田子の浦 その4

2022年12月4日 今沢 西友のある一角には魚河岸寿司と王将がありました。日曜のお昼過ぎ、魚河岸は相変わらず混んでいたので王将で昼食を取ることにしました。ラーメンを食べつつ40分ほど休憩をした後、片浜駅入口の信号に戻り、街道歩きを再開します。空は完…

東海道(9)三島~三島宿~沼津宿~原宿~東田子の浦 その3

2022年12月4日 沼津宿 川廓通りを抜けて県道159号を南へ歩いていきます。リバーサイドホテルの生け垣に三枚橋城外堀の石垣が保存されています。三枚橋城や沼津城を中心に沼津の街並みが発展してきたため、今でも当時の堀の石垣が埋もれているようです。

東海道(9)三島~三島宿~沼津宿~原宿~東田子の浦 その2

2022年12月4日 八幡 八幡交差点から東海道に入り、5分ほど歩くと右手に八幡神社の大鳥居が立っています。大鳥居から続く参道は通れそうにないので、脇を歩くとその先に、二つ目の鳥居が立っています。

東海道(9)三島~三島宿~沼津宿~原宿~東田子の浦 その1

2022年12月4日 三島宿 8:15くらいに三島駅に到着しました。2週間ぶりの三島です。天気は晴れで日中は20℃近くになる予報ですが、風が冷たく少々肌寒いです。駅近くで朝食を取り、本日のスタート地点である本町交差点に向けて、8:45に歩き始めます。

東海道(8)箱根宿~三島宿~三島 その5

2022年11月19日 塚原新田 塚原新田交差点を右折して国道1号の歩道を歩くと、右手へ入る分岐の角に三島宿から見て、箱根路と記された大きな石があります。実はこの左へ入る道(三島宿から見て)が東海道であることに気が付きました。先ほど旧国道を道なりに左…

東海道(8)箱根宿~三島宿~三島 その4

2022年11月19日 笹原新田 スカイウォークからの富士山の眺めもさぞかし素晴らしいだろうと思いつつ、スカイウォーク正門入口前あたりで旧国道から左の旧街道に入ります。再び石畳の道になります。

東海道(8)箱根宿~三島宿~三島 その3

2022年11月19日 山中新田 国道1号から別れ、復元整備された趣のある石畳を歩いた街道も終わりに近づきます。舗装道路と並行した道に出ます。これまで歩いた石畳の道と比べるとなんとなく不自然ですね。

東海道(8)箱根宿~三島宿~三島 その2

2022年11月19日 茨ヶ平 エコパーキングの脇から5分ほど歩くと旧道の入り口に着きます。箱根竹のアーチの先の旧道は残念ながら入れません。いつになったら復旧するのでしょうかね。 このあたりは茨(いばら)が生い茂る草原で茨ケ平(ばらがだいら)と呼ばれ…

東海道(8)箱根宿~三島宿~三島 その1

2022年11月19日 箱根宿 秋の暖かい季節のうちに箱根の山を越えようと、先週に引き続き東海道を歩きます。 7:20小田原駅前発箱根町港行きのバスに乗り込みます。早めに小田原駅に着いて並んでいたので、座席には座れましたが、出発時には結構立っている人もい…

東海道(7)入生田~箱根宿 その5

2022年11月12日 権現坂 芦ノ湖を見渡せる急坂には権現坂という名前が付けられています。これまで名前の付いた坂道をいくつ越えてきたのでしょうか、結構、歩きごたえのある旧街道東坂歩きでした。

東海道(7)入生田~箱根宿 その4

2022年11月12日 猿滑坂 見晴茶屋からの眺めを楽しむために県道を歩いてきましたが、ここで、旧道と合流します。横断歩道で県道の反対側に渡り、右手の階段を上ります。猿も上れない猿滑坂の続きです。

東海道(7)入生田~箱根宿 その3

2022年11月12日 畑宿の一里塚 畑宿の町並みを過ぎて、旧道の細い道に入ったその先で、一里塚跡に出ます。畑宿の一里塚です。発掘調査と江戸時代の文献から復元されました。東塚にはケヤキ、西塚にはモミの木が植えられていたそうです。日本橋から数えて23里…

東海道(7)入生田~箱根宿 その2

2022年11月12日 奥の茶屋 奥湯本の温泉街を下に見つつ、観音坂を上っていきます。温泉街入口に立つ観音坂碑から先は、あまり急とは言えない緩やかな上り坂となります。奥の茶屋バス停を通過します。

東海道(7)入生田~箱根宿 その1

2022年11月12日 入生田 甲州街道も無事に歩き終わり、やっと、東海道の先を進めることができるようになりました。この秋の暖かいうちに箱根の山を越えたいと考えていますが、この時期、キャンプと晴れの日を取り合うため、なかなか、街道歩きに時間を割けま…

今へ続く甲州街道を歩くと

今へ続く甲州街道を歩くと 甲州街道は五街道の中で最後に整備が完成しました。明和9年(1772年)とも言われています。よく、江戸から甲府までを甲州表街道、甲府から諏訪までを甲州裏街道と呼ぶことがあります。表と裏でその成り立ちは違っていたようです。 …

甲州街道(14)茅野から下諏訪 その3

2022年10月15日 下桑原の一里塚 1時間ほど昼食を取った後、甲州街道に戻りすぐの左手には一里塚跡碑と52里塚の説明板が立っています。下桑原の一里塚で、日本橋から数えて52里目の一里塚です。

甲州街道(14)茅野から下諏訪 その2

2022年10月15日 四賀 大門の追分から甲州街道は山の裾野にある高台の住宅地を通っています。追分から25分ほど歩くと、道の真ん中に秋葉山常夜燈が取り残されたように立っています。下の写真は下諏訪を背に見たものです。道標も兼ねています。江戸側から見る…

甲州街道(14)茅野から下諏訪 その1

2022年10月15日 茅野 いつものようにあずさに乗って茅野駅に降り立ちました。天気は晴れ、気温は23℃くらいまで上がる予報ですが、すでにほどほど暑いです。いよいよ甲州街道歩きの最終日となりました。今日は友人のSさんと一緒に歩きます。10時ちょうどに歩…

甲州街道(13)富士見から茅野 その5

2022年10月2日 茅野の一里塚 新田中のバス停から路地を右に入ると、住宅地の中に一里塚跡があります。一里塚碑と説明板がひっそりと立っています。茅野の一里塚で、日本橋から数えて、ちょうど、50里目の一里塚です。 茅野市のホームページでは、ここから先…

甲州街道(13)富士見から茅野 その4

2022年10月2日 大池の一里塚 宮川の近くまで歩くと一里塚碑と説明板が立っています。説明板によると、甲州街道制定時には両塚がありましたが、明治に入り道路の改修や鉄道の敷設工事により取り去られてしまいました。さらに、この付近の耕地整備のために当初…

甲州街道(13)富士見から茅野 その3

2022年10月2日 金沢宿 金沢宿に入って、金沢交差点を渡った左手には本陣跡があります。本陣の説明板と明治天皇金澤行在所址の碑が立っています。 甲州街道が整備された頃、宿場はこの先の権現の森付近にあり、青柳宿と呼ばれていました。しかし、度重なる宮…

甲州街道(13)富士見から茅野 その2

2022年10月2日 御射山神戸 街道は徐々に高度を下げていきます。火の見やぐらが角に立つ二又を直進した先、左手には金山大権現が祀られています。鍛冶師の守護神と言われています。その前には見事な赤松の大木が立っています。

甲州街道(13)富士見から茅野 その1

2022年10月2日 塚平 秋の街道歩きが始まります。今日も朝一番のあずさに乗りこみ、途中小淵沢で乗り換えて、9時過ぎに富士見駅に到着しました。ここのところ、休日は台風や雨に降られていましたが、久々の快晴です。気温は17~18℃くらいでしょうか、とても気…