今へ続く街道を歩くと

気楽に歩きながら街道の雰囲気を楽しんでいます

日光街道(4)栗橋から間々田 その3

2014年1月2日 横町 スーパートミヤの交差点に戻り、左折すると「よこまち柳通り」と呼ばれる通りになります。右手に石碑立っています。

日光街道(4)栗橋から間々田 その2

2014年1月2日 原町の一里塚 幅広い歩道の続く県道をひたすら歩き、宇都宮線の踏切を渡ってから25分で、国道354号との交差点に着きます。 交差点を横断して、さらに5分、右手に針葉樹の木々が植えられている古河第二高校が見えてきます。高校のフェンスの内側…

日光街道(4)栗橋から間々田 その1

2014年1月2日 栗橋宿 正月2日目、今年の街道歩きを始めます。宇都宮線で栗橋駅に9:30に到着しました。天気は晴れで、やはり今朝も寒いです。マフラーに手袋と完全防備で臨みます。8:45に歩き始めます。

日光街道(3)北春日部から栗橋 その3

2013年12月29日 行幸橋 中川に架かる行幸橋を渡ります。中川を渡る風は強く、とても冷たいです。まるで男体山など日光の山々から直接風が吹き込んでいるように感じます。

日光街道(3)北春日部から栗橋 その2

2013年12月29日 日光御成街道追分 公民館から10分くらいでT字路に突き当たります。ここは、日光御成街道との追分で、右方向が日光街道、左方向が日光御成街道江戸方面になります。 日光御成街道は江戸本郷で中山道から分かれ、この地で日光街道と合流します…

日光街道(3)北春日部から栗橋 その1

2013年12月29日 小渕 北春日部駅に8:35に到着しました。天気は快晴。風が冷たく結構寒いです。シェルジャケットを着て、マフラーを巻いて完全防備でやってきました。8:40に歩き始めます。

日光街道(2)草加から北春日部 その2

2013年12月21日 越谷御殿 県道49号から2~3分で、越谷御殿跡に着きます。徳川家康がこの地に御殿を建てて、越谷御殿と称しました。家康はしばしば、ここに宿泊して鷹狩を行っていました。また、秀忠も同様に宿泊して鷹狩を行っていました。しかし、明暦の大…

日光街道(2)草加から北春日部 その1

2013年12月21日 草加宿 草加駅に8:30に到着しました。天気は多少雲がありますが晴れ。気温は前回日本橋から歩いた時と同様、さほど寒くはありません。8:35に本日のスタート地点に向かいます。

日光街道(1)日本橋から草加 その3

2013年12月7日 千住宿 千住本町商店街を500mほど進むと、駅前通りとの交差点に着きます。ここを右折すると正面が北千住駅になります。 その先の商店街は宿場町通りに変わります。交差点を渡って、一つ目の路地を左に入ると本陣跡の説明板があります。このあ…

日光街道(1)日本橋から草加 その2

2013年12月7日 吾妻橋 吾妻橋交差点の先、吾妻橋の向こうにあの巨大な「金色のうんこ」の載っているスーパードライホールとビアジョッキを模したアサヒビールタワー、そして、スカイツリーが見えます。スーパードライはやはりすごいですね。

日光街道(1)日本橋から草加 その1

2013年12月7日 日本橋 日光を目指して日光街道を歩き始めます。中山道を歩くためにこの地に立ったのがちょうど1年前です。中山道は道半ばですが、冬の間は雪のない関東地区を歩くべく、日光街道を歩くことにしました。 地下鉄日本橋駅に着いたのが8:35。天…

今へ続く中山道を歩くと

今に続く中山道 6年と5ヶ月かけて歩いてきた中山道の道筋を振り返ってみました。 江戸時代の道をどれだけトレースしているのか分かりませんんが、峠の上り下りの道、石畳の坂道、里山の草道等々、、、現代の旅人にとっても変化に富んだ歩き旅を体感できるの…

中山道(32)大津から京三条大橋 その2

2019年4月27日 山科 京都市に入ります。 近江と山城の国境のあった逢坂の関から、途中、県境上の道を歩きつつ、山科の盆地に入りましたが、ここからは京都市となります。 山科の盆地は先に越えた逢坂の山と、これから越える東山の丘陵地帯に囲まれていますが…

中山道(32)大津から京三条大橋 その1

2019年4月27日 大津宿 中山道歩きの最終日です。ゴールの三条大橋まで残すところおよそ10kmとなりました。天気予報では回復して晴れるようです。昨夜の雨はあがり、朝の大津の空は暗い雲と所々晴れ間が見える微妙な天気です。

中山道(31)野洲から大津 その4

2019年4月26日 晴嵐 JRの高架をくぐった先は、少し町中を離れ工場の脇を通ります。このあたりの東海道にはかつて松並木があり晴嵐の松と呼ばれていました。左手にある大きな松はその名残りでしょうか。

中山道(31)野洲から大津 その3

2019年4月26日 萩の玉川 県道43号を横断した先、野路萩の玉川跡が右手にあります。かつてこのあたりは、野原一帯に広がる萩の名所でした。その中で、近くを流れる十禅寺川の伏流水が湧き出る泉がこの地にありました。いつしか枯れてしまいましたが、今は復元…

中山道(31)野洲から大津 その2

2019年4月26日 笠川 笠川交差点を過ぎて、草津市に入るあたりから東海道本線の高架が見えてきます。いよいよ、中山道最後の草津宿も近くなりました。葉山川橋を渡ります。

中山道(31)野洲から大津 その1

2019年4月26日 野洲 早朝、家を出て、京都回りで野洲駅に10:15に到着しました。昨年の11月から5か月ぶりです。天気予報では大津地方は終日曇りとなっていましたが、残念ながら、細かい雨が降っています。それでも、さほど寒くはありません。今回、1泊2日で、…

中山道(30)五個荘から野洲 その3

2018年11月13日 鏡宿 国道8号から左の道に入ると、南側には広々とした田園風景を眺めることができます。鈴鹿山脈と琵琶湖の間に広がる湖東平野です。静かな街道を歩いていきます。

中山道(30)五個荘から野洲 その2

2018年11月13日 武佐宿 西生来大橋を渡ると、右手に武佐宿大門跡の標識が立っています。このあたりに武佐宿の江戸側の入口がありました。

中山道(30)五個荘から野洲 その1

2018年11月13日 五個荘 今回の街道歩きの3日目、最終日です。彦根駅から電車に乗り、8:33に五箇荘駅に到着しました。天気は晴。気温は3日間とも同じくらいとなりました。8:45に本日のスタート地点に向けて歩き始めました。

中山道(29)鳥居本から五個荘 その3

2018年11月12日 中宿 中宿地区に入ります。愛知川宿の入口はもう少し先のようです。

中山道(29)鳥居本から五個荘 その2

2018年11月12日 多賀大社大鳥居 高宮鳥居前交差点の左手には多賀神社大鳥居(一の鳥居)が立っています。この鳥居は寛永12年(1635年)に着工されたという記録が残っています。下の写真は一旦鳥居をくぐってから、振り返って中山道を望んでいます。 ここから…

中山道(29)鳥居本から五個荘 その1

2018年11月12日 鳥居本宿 彦根駅から近江鉄道に乗って鳥居本駅に8:10に到着しまた。天気は薄曇りながら青空も見えます。気温は昨日と同じぐらいです。8:20に歩き始めます。

中山道(28)関ケ原から鳥居本 その5

2018年11月11日 小摺針峠 坂を上っていくと、道は高速道路のトンネルの上を通るようになり、峠に差し掛かります。あまり高低差を感じられないのですが、小摺針峠と呼ばれています。まだ、14時半くらいなのに、秋の陽は傾き始めています。

中山道(28)関ケ原から鳥居本 その4

2018年11月11日 醒井宿京口 地蔵川と分かれて、その先のT字路の角に中山道碑が立っていますが、このあたりが醒井宿の京側の入り口があったところです。

中山道(28)関ケ原から鳥居本 その3

2018年11月11日 柏原の一里塚 丸山橋を渡ると、その先左手には柏原一里塚跡の石碑が立っています。

中山道(28)関ケ原から鳥居本 その2

2018年11月11日 今須峠 やがて今須峠に差し掛かります。説明板が立っています。かつて、このあたりには茶屋が数軒ありました。冬場は積雪も多く、難所だったそうですが、今は簡単に越えられます。

中山道(28)関ケ原から鳥居本 その1

2018年11月11日 関ケ原宿 朝、新幹線に乗って、名古屋回りで8:50に関ケ原駅に到着しました。1年ぶりにこの駅に立ちます。今回は2泊して、野洲まで進めようと思っています。野洲まで行けば、ゴールも見えてきます。 天気は快晴。少し風があって、15℃くらいだ…

中山道(27)美江寺から関ケ原 その4

2017年11月24日 垂井宿 相川橋を渡ると左手土手道の手前に相川の人足渡跡の説明板が立っています。江戸時代は人足渡しが主でした。渡川時の水量によって渡賃が決められていました。一方、朝鮮通信使や姫宮などの特別な通行があるときには、木橋がかけられま…