今へ続く街道を歩くと

気楽に歩きながら街道の雰囲気を楽しんでいます

甲州街道(12)台ケ原から富士見 その5

 

2022年6月4日

 

落合

 

 相変わらず天気は良く、気持ちの良い街道歩きが続きます。蔦木宿を抜けて釜無川の作るわずかな平地のへりに国道20号が続いています。

 

 国道脇に立つ岩田屋建材の建屋脇から左へ入ります。

 

 砂利採取工場の脇の砂利道を歩いていきます。

 

 工場の敷地が終わったところで、再び電流ネットが行く手を遮ります。

 

 ここは先ほどの国界橋のタイプとは異なり、ネットの掛かっている縦棒を横に動かして通る方式です。棒の立っている右横の支柱の上と下に輪っかが付いていて、それぞれに棒を差し込んで固定しています。通り抜けるネットの部分には電流線は通っていないように見えますが、一応、棒にまかれている絶縁テープを掴んで輪っかから外して通ります。

 

 反対側に移った後で、棒を上下の輪っかに差し込んで、完了です。

 

 さらに、釜無川沿いの一直線の街道を進みます。街道脇には電気柵が続いています。

 

 その先で、再び、国道20号に合流します。

 

 国道脇には道祖神が祀られています。

 

 諸水橋からの交差点で国道を渡り、右の砂利道を上ります。

 

 すぐに砂利道は下りになり、国道に戻ります。合流点には街道ウォーカー御用達のドライブイン赤石があります。残念ながら昼食を取った後だったので寄りませんでした。ドライブインという響き、とても懐かしいですね。

 

 しばらく国道を歩くと、左手に火の見やぐらと一本の大きな木が見えてきます。

 

 国道の左側には歩道がありませんが、火の見やぐらへ下る道とその先で下る道があります。まずは、先にある道を下ります。

 

 国道下に降りると大木の根元に一里塚の石碑が立っています。平岡の一里塚です。元々なのか分かりませんが、片塚だったそうで、耕地整理の際に10mほど国道側にずらしたとも言われています。日本橋から数えて46里目の一里塚です。

 

 国道を少し戻り、手前側の道を下って火の見櫓の脇を通ります。

 

 そのまま進むと、田んぼの中のT字路に突き当たり、ここを右折します。

 

 田んぼの中の一本道です。今まで歩いてきた国道は一段高い斜面を通っています。

 

 右手には、先ほどの一里塚碑にあった大木が見えます。

 

 しばらく歩くと左手田んぼの脇に木が数本立っているのが見えます。

 

 これらの木の立っているところには明治天皇平岡御野立所址の碑が立っています。説明板には明治天皇が立ち寄られた様子が克明に示されています。野立の場所はあらかじめ宮内省から、柳の大木が立つ草地と指定があったそうです。富士見町の史跡に指定されています。

 

 田んぼの一本道を振り返ってみます。ここは富士見町ですが、方角的に富士山は見えるのでしょうか?

 

 やがて、沢に突き当たるので、左折します。

 

 沢沿いを歩くと釜無川の土手に突き当たるので右折して橋を渡ります。

 

 土手道を進みます。ここにも電気柵が続いています。

 

 その先で橋から続く舗装道路に出るの、右折して釜無川沿いの坂道を上ります。

 後で地図を見て分かったのですが、釜無川とはここでお別れになります。釜無川の上流は左へ大きく反れて、源流はここから南にある南アルプスの鋸岳あたりになります。

 

 坂を上ると国道20号に出ます。左折して国道をしばし歩きます。

 

 すぐの交差点は机交差点です。なかなか珍しい名前です。直進します。

 

 左手に少し赤茶けた火の見やぐらが見える先、沢を渡る手前の沢沿いの道を右へ入ります。火の見櫓の足元には標高800mの標識が立っています。

 

 右に入ると多くの石仏や石塔が並んでいます。

 

 

甲州街道(12)台ケ原から富士見 その6へ続きます。

 

甲州街道(12)台ケ原から富士見 その4へ戻ります。

 

甲州街道 歩いた行程表はこちら