今へ続く街道を歩くと

気楽に歩きながら街道の雰囲気を楽しんでいます

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その7

 

2024年5月11日

 

土山

 

 往時の繁栄、賑わいを現すかのように、おおよそ2kmにも及ぶ土山宿の町並みを通り抜けると、東海道国道1号に突き当たります。国道を横断して、わずかに西へ歩いた先で右の旧道に入ります。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その6

 

2024年5月11日

 

土山宿

 

 鈴鹿峠から近江国に入った東海道は、徐々に高度を下げながらかつて立場で栄えた山中や猪鼻の町並みを抜けていきます。蟹が坂の先で広重が描いた田村川橋を渡ると、田村神社の深い森に入り込みます。田村神社の第一鳥居をくぐると、土山宿ももうすぐです。道の駅の裏で道なりに右へ曲がると「東海道 土山宿」の石碑が立っています。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その5

 

2024年5月11日

 

猪鼻

 

 伊勢国近江国の境となる鈴鹿峠を越え、山中の一里塚跡の先から猪鼻村に入ります。往時の猪鼻村は立場として賑わっていました。右手には「旅籠 中屋跡」の石碑が立ち、その奥には「明治天皇聖蹟碑」があります。説明板によると、明治元年(1868年)、明治天皇の御東幸の際に、旅籠中屋で御小憩され、中食されたと記されています。また、その後も3度にわたり、ここに立ち寄られました。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その4

 

2024年5月11日

 

鈴鹿峠

 

 坂下古町にある片山神社から、木々が鬱蒼と茂る林の中、急な坂道を上っていくとあっけなく鈴鹿峠に到着します。峠から近江国に入ると、全く別世界の開けた風景が広がり、土山茶として有名なお茶畑が目に入ってきます。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その3

 

2024年5月11日

 

坂下古町

 

 東海道は坂下宿を過ぎ、徐々に高度を上げていきます。やがて、国道に合流しますが、その先すぐに右手の道に入ります。山の中にひっそりと片山神社の社標が立っています。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その2

 

2024年5月11日

 

市之瀬の一里塚

 

 市瀬地区の家並みを抜けると、鈴鹿川に沿って単調な国道1号を歩きになります。国道1号鈴鹿川を跨いだ先の左手には、一里塚址の石碑が立っています。市之瀬の一里塚で、日本橋から数えて107里目の一里塚です。

続きを読む

東海道(28)関~関宿~坂下宿~土山宿~前野 その1

 

2024年5月11日

 

関宿

 

 前日泊の草津から8:50くらいに関駅に着きました。意外と時間がかかりました。今日の天気は晴で、最高気温は25℃くらいになる予報です。これ以上暑くなると、歩くのは辛くなりますね。今シーズンは今回で打ち止めかもしれません。今日、明日と歩く予定ですが、明日は曇りで昼くらいから雨の予報なので、今日は歩けるところまで歩こうと思っています。9:00に関駅を後にします。

続きを読む