今へ続く街道を歩くと

気楽に歩きながら街道の雰囲気を楽しんでいます

甲州街道(7)鳥沢から笹子 その4

 

2021年10月3日

 

源氏橋

 

 国道20号から左折して源氏橋を渡ります。源氏橋にはどのような謂れがあったのでしょうか。

 山間の河川敷に稲刈りの終わった田んぼが広がっています。

f:id:mame-lantern:20211006195817j:plain

続きを読む

甲州街道(7)鳥沢から笹子 その2

 

2021年10月3日

 

猿橋

 

 芭蕉の句碑から猿橋を渡ります。

 桂川に架かる猿橋は、推古天皇の時代に百済の渡来人によって造られたと言われています。橋脚を使わずに両岸から張り出した刎木(はねぎ)によって支えられていて、日本の三奇の一つに上げられています。三奇橋には、岩国の錦帯橋とともに、もう一つは、木曽の桟(中山道)、日光の神橋(日光街道)、祖谷かずら橋、越中の愛本橋(現存せず)など諸説があります。

 現在の猿橋は、昭和59年(1984年)に江戸時代の姿を復元して架け替えられたものです。

f:id:mame-lantern:20211006190949j:plain

続きを読む

甲州街道(7)鳥沢から笹子 その1

 

2021年10月3日

 

上鳥沢宿

 

 8月から続いていた緊急事態宣言が解除になり、その間にワクチン接種も済んだので、マスクはしつつ街道歩きを再開することにしました。

 8時過ぎに鳥沢駅に到着しました。天気は快晴。気温は20℃に達していないと思います。ここのところ、夏を思わせる暑い日が続いていますが、今日は25℃を越えるくらいの若干低めの気温になる予報です。

 8:25に街道歩きを始めます。

f:id:mame-lantern:20211006172826j:plain

続きを読む

日光西街道(1)小山から壬生 その2

 

2017年12月29日

 

飯塚の一里塚

 

 琵琶塚古墳を眺めつつ、その先を歩くと道の両側に一里塚があります。飯塚の一里塚です。日本橋から数えて22里目の一里塚です。両塚とも現存していて、東塚には石碑と説明板が立っています。

f:id:mame-lantern:20210226220147j:plain

続きを読む

日光西街道(1)小山から壬生 その1

 

2017年12月29日

 

喜沢追分

 

 今日から日光西街道を喜沢追分から今市追分まで歩くことにします。宇都宮線に乗って、8:30に小山駅に到着しました。駅で簡単な朝食を済ませて、8:50分から歩き始めます。今日は天気が良いのですが、真冬の寒さです。駅前通りを西へ進むと日光街道との交差点、駅前上町交差点に出ます。日光街道を歩いてここを通過したのが、2014年2月だったので、およそ4年ぶりとなります。交差点を右折して、日光街道を歩き始めます。

f:id:mame-lantern:20210223220502j:plain

続きを読む