気楽に街道歩き

気楽にゆっくり街道を歩いています。

中山道(17)奈良井から藪原 その2

 

2015年9月12日

 

鳥居峠道奈良井口

 

 鳥居峠への登り口を入ると石畳の道が続きます。

鳥居峠妻籠-馬籠間と並び、木曽路では人気のあるハイキングコースです。標高差は奈良井宿からでも藪原宿からでも200m強で気軽に歩けます。

f:id:mame-lantern:20200502103031j:plain

 

 しだいにアップダウンを繰り返す山道に変わり、沢に架かるいくつかの小さな木橋を渡ります。木漏れ日の中、気持ち良くハイキングが楽しめます。

f:id:mame-lantern:20200502103354j:plain

 

 山道を歩くこと15分強で中の茶屋跡に着きます。休憩所の脇には葬沢の説明板があります。天正10年(1582年)、木曽義昌武田勝頼軍を迎撃した古戦場で、武田方の戦死者を葬ったことから葬沢と呼ばれています。

f:id:mame-lantern:20200502103630j:plain

 

 その後もアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を上げていきます。

f:id:mame-lantern:20191212205638j:plain

 

 中の茶屋跡から登ること15分で鳥居峠の一里塚碑があります。説明板によると、遺構は残っていませんが、古地図や文献、古老の話からほぼこの辺りにあったと考えられています。日本橋から数えて65里目の一里塚です。

f:id:mame-lantern:20200502103859j:plain

 

 すぐに旧国道と合流し、左折して旧国道に入ります。旧国道といっても砂利道です。鳥居峠まであと100mです。

f:id:mame-lantern:20200502115312j:plain

 

 旧国道に入ってすぐの左手には立派な休憩所が建っています。脇には湧水も流れています。かつて中利茶屋があった場所です。

f:id:mame-lantern:20191212214617j:plain

 

 休憩所の脇からは、どの方角にあたるのか分かりませんが、視界が開けて山並みが見えます。まだまだ、気温は暑いのですが、空は秋の空です。

f:id:mame-lantern:20191212214823j:plain

 

 中山道はこの休憩所の脇、下の写真では電柱の脇から入ることになっていますが、あまりにも、草ぼうぼうなので旧国道を進むことにしました。

f:id:mame-lantern:20200502105732j:plain

 

 旧国道も平坦な道となり、鳥居峠に着きます。塩尻市から木祖村に入ります。旧国道の標高は若干違うかもしれませんが、鳥居峠の標高は1197mです。

f:id:mame-lantern:20200502110354j:plain

 

 すぐに開けた場所に出ます。ここで道は三方に分かれます。中山道は真ん中の道になります。下の写真では左の道に入ります。

f:id:mame-lantern:20191228200025j:plain

 

 すぐのところに熊除けの鐘があります。当然鳴らします。

f:id:mame-lantern:20200502110656j:plain

 

 しばらく、落葉樹の茂る明るい平坦な道を歩きます。このあたりは鳥居峠トチノキ群と呼ばれるトチの大木が多く見られる場所です。その中で、木の根元に大きな空洞のある「子産のトチ」と呼ばれている大木が立っています。昔この穴に捨て子がいて、子宝に恵まれない村人がこの子を育てて幸福になったことから、この木の実を煎じて飲めば子宝に恵まれると言い伝えれていました。道の反対側には「木祖村天然記念物 鳥居峠トチノキ群」の石碑も立っています。

f:id:mame-lantern:20191228200924j:plain

 

 5分くらい歩くとまた熊除けの鐘があったので、もう一度鳴らしました。この鳥居峠越えのハイキングコース、多くはありませんが時々ハイカーとすれ違います。

 その先すぐに、中利茶屋から分かれた旧道と合流します。下の写真は合流点を振り返って見た所です。右の道が旧道です。角には道標と思われる石があります。

f:id:mame-lantern:20200502111217j:plain

 

 その先、右手奥の石段の上に御嶽神社の鳥居が見えます。かつて木曽義元が戦勝祈願のため鳥居を建てたと言われ、鳥居峠の名前の元にになっています。石段の脇を左へ入っていくと御嶽山の遥拝所があったようですが、それを知らずに街道を直進してしまいました。遥拝所からは御嶽山が望めるようです。

f:id:mame-lantern:20200502111652j:plain

 

 掘割のような道を下ります。

f:id:mame-lantern:20200502112121j:plain

 

 すぐに丸山公園と呼ばれる広場に出ます。

f:id:mame-lantern:20191228222904j:plain

 

 ここから下る道は左手と右手にあります。左手の道から下りましたが、結局は右手の道と合流します。標識が立っているので分かりやすいです。しかし、道によっては雑草がすごいです。

f:id:mame-lantern:20200503093025j:plain

 

 さらに、右に左に曲がりながら下ること10分で旧国道を横断します。

f:id:mame-lantern:20200502114349j:plain

 

 石畳の道を下っていきます。

f:id:mame-lantern:20191228223755j:plain

 

 石畳の道を5分ほど下ると、舗装された旧国道と合流します。峠道はここで終わりになります。信濃路自然歩道中山道ルートの案内板があります。

f:id:mame-lantern:20200502114625j:plain

 

 

中山道(17)奈良井から藪原 その3へ続きます。